言語障害をサポートしたい|通信講座で宅建博士に|未来を歩む糧になる

通信講座で宅建博士に|未来を歩む糧になる

レディ

言語障害をサポートしたい

カウンセリング

言語のリハビリ資格

事故の後遺症による発語の困難な方や、生まれつき言語の発達が遅い方々の言語コミュニケーションの回復をサポートする資格に言語聴覚士があります。言語聴覚士は「話す」ことと「聞く」ことを中心にリハビリします。その人に応じたリハビリプログラムを作成して根気よくサポートする、非常にやり甲斐のある仕事です。言語聴覚士になるには国家資格を取得する必要があります。更に国家試験を受けるにも条件があり、文部科学省が指定した学校や都道府県知事が指定する養成所で3年以上学んで課程を修了する必要があります。早く資格を取得したいなら専門学校で3年間勉強して試験を受けるのが良いでしょう。言語聴覚士以外の幅広い教養を身につけたいならば、大学で学ぶのがオススメです。

資格取得に向けて

言語聴覚士の資格を取得するには学校で必要課程を修了する必要がありますが、社会人でも通える学校もあります。例えばリハビリ施設で言語聴覚士のお手伝いのアルバイトをしながら社会人向けの専門学校に通う方法もあります。これならバイト先でもお金を貰いながら実践的勉強ができ、しかも学校で知識も身につけることができます。学校選びですが、学費が安いことや立地も大切ですが、何よりも学ぶ姿勢が大切です。学校では言語聴覚士に必要な様々な科目が受講できますが、卒業してからでは中々学ぶことはできません。このため学校でどこまで知識を吸収できるかで将来言語聴覚士になった時に差がでます。受験資格を得て試験に合格し資格を取得した後ですが、言語聴覚士は常に不足していますので就職で困ることはありません。

Copyright© 2015 通信講座で宅建博士に|未来を歩む糧になるAll Rights Reserved.