通信講座で宅建博士に|未来を歩む糧になる

男の人

取得できる資格

女性

保育士になるには、養成コースのある4年制大学や専門学校、短期大学に進学する方法が一般的です。4年制大学の場合、専門学校よりも時間にゆとりがあるので、様々な実習を経験したり、幼稚園教諭免許の取得ができるため、人気が高まっています。

もっと知ろう

言語障害をサポートしたい

カウンセリング

言語の発達が遅い方に回復のサポートをする資格に言語聴覚士があります。試験を受ける前に学校で3年以上勉強し必要な課程の修了しておかなければなりません。専門学校か大学かいずれかに通って知識を身につけることが大切です。

もっと知ろう

取得して損はありません

女医

医療事務の資格は、様々な医療事務講座を通して取得することができます。学校に通う方法から通信講座まであり、例えば大阪の地方部でも取得可能です。働き方も多様で職場が多いため、将来にとても役に立つ資格であると言えます。

もっと知ろう

Associated Link

宅地建物取引主任者に合格

レディ

通信のメリット

宅地建物取引主任者、通称宅建は不動産業界で働く方向けの資格です。企業によってはこの資格を保有しているだけで手当てが付くこともあります。宅建の勉強法ですが、独学の場合と除くと資格スクールに通学するか通信講座を受講する勉強法があります。通学の魅力は、生で講師の講義を聞くことができることです。通学すれば、同じ合格を目指す仲間とも知り合えますのでモチベーションのアップにも繋がります。分からないことは講師にすぐに聞くことができます。しかし、毎回決まった時間に講義開始となるので仕事が忙しい方や遠方の方だと通学は難しくなります。そこで通信講座です。通信講座なら通わなくても自宅で学習でき、自由な時間にすすめることができます。

受講料にも差がある

宅建を通信講座か通学で受講するとなった場合、受講料にも差があるのです。通学の場合は、教室の賃料や冷暖房代、テキスト代、人件費などが含まれていますので、どうしても料金は高くなってしまいます。その点、宅建を通信講座で学習するとなった場合には、講師はいりませんし、教室の賃料、そして教室に通うための交通費もかからないので、その分格安になるのです。また、通信講座によってはDVDやWEB等で講義の映像を視聴することができる講座もあります。そのため、通学と変わらない質の高い講義を受けることがえきます。講義映像視聴なら、速度を変えることができますので2倍速で聞いたり、重要なところは戻って再視聴もできるので学習効果が高いです。

Copyright© 2015 通信講座で宅建博士に|未来を歩む糧になるAll Rights Reserved.